信用取引におすすめ!証券会社紹介

信用取引を始める際に選ぶ会社を選ぶ基準

株式取引には現物取引の他に、証券口座にある資金よりも3.3倍までの株式を取引できる信用取引というものがあります。信用取引は自己資金よりも多くの株式を取引できるので、現物取引よりも大きく儲けられるチャンスを秘めています。
では、株式で信用取引を始める際、どのような基準で証券会社を選べばよいのでしょうか。
株の信用取引をするときにかかる手数料は、株を買ったときにかかる金利と空売りをする場合に必要な貸株料、それに取引手数料の3種類があります。取引をする度にこの手数料はかかりますので、証券会社は手数料の安いところを選びましょう。
また、取引スタイルは一日に何回も取引を繰り返すデイトレード、数週間程度株を保有するスイングトレード、それとも長期間株式を保有するポジショントレードがあります。ですので、自分の取引スタイルを把握して、そのスタイルに合わせた証券会社を選ぶことも大切です。

取引スタイルで証券会社を選ぶ

まずデイトレードをしたい場合なら、取引手数料が安いところを選ぶ必要があります。一日に何回も取引を繰り返すので、取引にかかる取引手数料も馬鹿になりません。ですので、できるだけ取引手数料の安いところを選びましょう。最近は、約定取引量によって取引手数料が決まる定額制を採用している証券会社が登場しています。デイトレードをするなら、取引回数が増えても取引手数料の変わらない定額制を採用している証券会社がおすすめです。
スイングトレードやポジショントレードをする際は、ある程度の期間株式を保有することになります。ですので、株を買っている場合は金利がかかり、株を売っている場合は貸株料がその期間の間発生することになります。ですので、手数料のことはもちろん大切ですが、金利と貸株料のことをさらに重視して証券会社を選びましょう。

信用取引の手数料については、取引の金額によって異なってきます。取引金額が大きくなればなるほど、手数料も大きくなります。