信用取引ではじめる株式投資入門

株式の信用取引とは?

株式取引には信用取引という取引方法があります。信用取引とは、証券会社の口座にある資金以上に株を買うことができることを意味しています。この信用取引を利用すれば、少ない資金から株式投資を始めることが可能です。
通常は、ある銘柄を買おうとしたときは株価×売買単位の資金が必要です。これを現物取引といいます。
しかし、信用取引では株式口座に預けている委託証拠金より、3.3倍までの株式を取引することが可能です。ですので、口座資金に10万円しかないとしても33万円、100万円あれば300万円まで取引できます。
さらに、株を買うだけではなく、証券会社から、株を借りて株式市場で空売りができるようになります。この場合も株を借りることができる上限は3.3倍までです。

信用取引にある2つのメリット

株式の信用取引のメリットは2つあります。
ひとつは、口座にある資金よりも大きい売買単位で取引できるところです。
10万円分の株式を取引していたとすると、株価が10000円値上がりした場合は額面通り10000円の利益しかありませんが、信用取引の上限額の倍率3.3倍で取引していた場合は33000円の利益になります。このように同じ資金量でも信用取引で株を買うと、現物取引よりも大きく儲けることができます。
もうひとつは、空売りができるというところです。通常株は保有していない株は売ることができません。ですので、値下がりをしている局面では儲けることができないのです。ですが、信用取引では株式を借りて空売りができるので、銘柄が値下がりしている局面でも利益を狙っていけます。
このように、信用取引には、取引量を増やすことで大きく儲けることができ、空売りができるという現物取引にはないメリットがあります。