信用取引の基本知識と株式

信用取引とはどんなものなのか?

株式相場について知ろうとした場合、絶対に外すことができないタームが『信用取引』という取引手法です。これは、証券会社などから資金や株式などの有価物を借り、それを元手として株式相場で運用して損利を得るもので、株取引において発生した損失で借り受けた有価物を毀損させてしまった場合、その毀損分だけを補填できれば良いという観点から、取引のために用意しなければならない原資が現物取引よりも少なくて済むというメリットがあります。
この信用取引を行うための原資は『委託証拠金』と呼ばれますが、取引の結果生じた損失の額が委託証拠金の一定の割合に達した場合、『追証』と呼ばれる委託証拠金の追加入金を求められることになります。この追証は、信用取引において最も避けるべき事態だと認識されています。

信用取引で株式運用する際の注意点

信用取引は大変リスクの高い株式運用だと認識されがちですが、正しい知識を持って慎重に運用すれば、リスクをコントロールすることは十分可能です。換言すれば、知識が全く無い状態で無謀な運用でもしない限りは、昨今では信用取引で破産するようなことはありません。
しかし、だからと言って損失が全く出ないのかと言われると、決してそのようなこともありません。やはり信用取引は現物取引以上に損失が出やすい株式運用であることは間違い無いのです。信用取引でより損失を減らしたいのであれば、「相場勘」という言葉は捨てるようにしましょう。恣意性の高い取引は、信用取引では通用しません。信用取引で株式運用するに当たっては、明確に利益の確度が高いと裏付けられる理論とそれを貫徹させる鉄の意志が必要です。