信用取引とは?簡単解説

信用取引とは有価物を借りることから始まる株取引

株式情報を見かけると必ず目にするのが、「信用取引」というタームです。信用取引は株取引を行う上では無くてはならない取引手法であり、投資家に様々な利便性を提供してくれる非常に優秀なツールだと言えるでしょう。
信用取引がどのようなものかを雑駁に述べれば、証券会社などから資金もしくは株そのものを借り、それを元手として株取引を行う取引手法ということになります。株を直接購入する現物取引と比較した場合、取引によって出る損失のみを補填すれば良いために準備する原資が少額で済み、さらに最初から株が手元にある状態から取引を始められるため、株を高く売って安く買い戻すことで利益となる『空売り』が可能になります。これが信用取引を行う最大のメリットです。

信用取引を行うための準備と注意点

信用取引は始めようと思っても、すぐに始められるわけではありません。現物取引の約3倍の規模の取引ができることからよりハイリスクであるため、信用取引の専用口座を開設するに当たっては、一定期間株取引の経験があることが求められます。
専用口座を開設することができたら、取引で出た損失を補填するための原資である『委託証拠金』を口座に入金することで、信用取引が行えるようになります。この委託証拠金は証券会社によって最低額が定められていますが、ぎりぎりの金額で信用取引を行った場合、軽い損失でも『追証』と呼ばれる委託証拠金の追加入金を求められることになるため、自分がどの程度の信用取引を行うのかを吟味して、それに応じた余裕のある額を用意するようにしなければなりません。

株の信用取引とは株やお金を前借りして、取引後に借りた分を返す取引のことを言います。チャンスを最大に活かすには必須のテクニックですが、リスクも高いので注意が必要です。空売りや空買いがこれにあたります。